スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0

おとぎ話、今昔。

そういえば、ディズニーの白雪姫。
良く覚えてないな〜と、
最近、シンデレラを見て思いました。
(継母の見た目が、魔法使えそうで使えないんだよな〜とか、
義姉さんたちの、ほうれい線すごいな、とか、
王様、理由孫かよ!とか、
なんか、作ったドレスと、着たドレスのデザイン変わってんじゃね?とか、
シンデレラ、足ちっちゃすぎ!とか、
突っ込みどころ、多々)

マレフィセントを見てないので、
いばら姫の記憶も、あまりない。

どちらも、見たことはあると思いますが、
それは、もう遠い昔。

最近、ワンスアポンアタイムとか見て、
流れを思い出すことは多かったけど、
実は良く覚えてなかったな、と思い出しました。

そして見た、近年公開された、白雪姫関連映画。

スノーホワイト(2012)と、
白雪姫と鏡の女王(2012)

なんか、2012年、白雪姫多かったんですね。

スノーホワイトは、一度見てて、
今回もう一つの方を見たので、比べて見てみました。

どちらも、独自展開が豊富で、
同じ原作から生まれているとは、思えません。

特に、白雪姫と鏡の女王は、もしかしたら想像を超えるかもしれない。

ジュリア・ロバーツ出てるからって、
普通に王道なファンタジーになると、思っていては裏切られる。
色使いも独特。
そんな面白さをはらんだ展開。

ラストを見れば、監督の出身ってあそこじゃね?と、気付くはず(笑)

思ったより、テンポよく、すんなり終わるので、
楽に見れて、面白くって、すっきりできます。

スノーホワイトは、
前も書いたかもしれませんが、
トワイライトと同じ監督さんだそうで、
まさに全体的な色合いはそんな感じ。

前者が赤白青の想像どおりの色合いの白雪姫なら、
こちらはダークレッド、またはグレーな感じ。
風景も、大抵くすんでいます。

一瞬、「これはもののけ姫か!?」っていう展開あり〜の、
さ・・・三角関係!?っていう展開ありーの、
独自展開は、もちろん多々、多々・・・あり。

その雰囲気どおり、ダークファンタジーって感じです。
そして、王子の存在感無くて、泣ける。

トワイライト好きなら、大好きかもしれないけど、
ハイホー的な白雪姫を御希望なら、
ジュリア・ロバーツの方をお勧めします。

そんな両極的な二つの作品を、楽しみました。
さて、私ならどう描くかな〜

映画  c.0  t.0

もう、お盆。

公開4日目くらいで行ってきました。

るろうに剣心・京都大火編

で、なんやかんやで、8月も半分すぎてしまった。
今日この頃。

その間にも、WOWOWでX-MENの一挙放送見て、ちょっとハマったり。
パシフィック・リムもう一度見たり。
項羽と劉邦は、どんどん面白くなっていくし。
キングダムは休み続き。ショボーン

思えばいろいろ、映画を見ている、今日この頃。


るろ剣、ネタばれしては何なので、内容は隠しますが。

うん。

人多かったよ。
しかも、4月からレディースデイがなくなって、
男女みんな月曜1100円、というのになったので、余計。
しかも、夏休みで、余計。
テレビCMの満員御礼は嘘ではない状態。
公開10分前までに、満席になりました。
田舎のシネコンなのにね〜
久々に聞きました、残り席が少なくなる案内。

でも、もう待ちきれないと思って。
前の日記で書いたように、
こういう思いって、何かほかに気になることが出てこない限り、
ずっと大きくなっていくものなので、
早めに行こうと心に決めて、行ってきました。

感想など。。。

映画  c.0  t.0

アナと雪の女王、を見てきました。

ラプンツェルは、見に行ったけど、
その時、やっぱり昔のディズニー映画の方が面白いよね〜って
思ってしまった。

絶対にラブを絡めてほしいとは思わないけど、
元ネタが童話のラプンツェルなら、
もう少し胸キュン率が高くても良いのかな〜とか。
髪の毛のCGに力をかけてるなら、
もう少し展開が面白ければな〜とか。

メリダに関しては、WOWOWで見た限り、
え〜〜〜〜〜っ?何がしたかったんだ〜って
思ってしまった。
あまりにも意外性が無くて、残念だったのかな。

もう、メリダが思った以上に面白くなくて、
今回の映画も、公開が決まった情報とか知ってても、
期待はあまりしてなかったし、
公開前の紹介番組でも、
雪の結晶にこだわりました、とか制作の方が言ってても、
いやそれ以外にもこだわって欲しい、とか突っ込んで、
正直微妙でした。

それでも見に行ったのは、
妹が意外に食いついていて、行こうか〜と言われたのと、
あの主題歌、見る前にTVとかでさんざん聞かされて、
やっぱり耳に残っていたし、
口ずさむほど気に入っていたので。

ただ、久々に。

やっぱりディズニーはこうでなくっちゃ

と、思えた映画でした。

美女と野獣や、アラジンとかを超えるほどの感動は、
正直得られませんでしたが、
久々に、ちゃんとラブもあったし、展開に意外性もあったし、
なにより楽しかった。

細かいことを言うと、
Wヒロインが売りかもしれませんが、
逆にヒロインが2人になって、
時間足りなくない?って感じるほど
書ききれてない部分が多く感じました。

(ネタバレには極力配慮しつつ)
悪役の人も、もっと悪く見せても良いのにな〜とか。

そもそも、その悪役の人ポジション要らなくね?とか。

ああ、もうそんな穿った見方しか出来ない
大人になってしまったんですかね〜

ただ、今回時間の関係で2D吹き替えを見たんですが、
松さんのあの話題の曲を歌う場面は、
ちょっと鳥肌ものでした。
力強くて、感動しました。

うん。
レディースデイでもなんでもない日に、
何の割引もなく、定価で見ても
損したな〜って思わない映画でした。

ただ、字幕の回が少なくて残念。
そして、公開直後に3Dとか多くて残念。
もう、最近3Dにあまり魅力を感じなくなったよ。
2Dで十分。

満足、満足じゃ〜

映画  c.0  t.0

見てない嫌いはやめよう。

映画、トワイライト・初恋見ました。

ベタベタな恋愛映画とか、あんまり好きじゃないんです。
女性ボロ泣きの・・・とか、そういう前評判が一番嫌い。
そんな偏屈な私なので、最近は邦画の恋愛映画はもちろんですが、
洋画なんてもってのほかで、あまり見る気が起こりませんでした。

でも、この映画、
アメリカで人気!というのを聞いていましたが、
公開されて、予告とか見て、「どこがやねん!?」って感じでした。

WOWOWでシリーズ全話放送していたので、一応全部録画して・・・
暇だったので、シリーズ第1話を見てみました。

ツッコミ箇所がいっぱいあって、ある意味面白かった。

監督も有名な監督じゃなかったからか、
画面が独特で、そういうのもアメリカ映画っぽく無くて良かった。

主演のクリステン・スチュアートがハリウッドで最も稼ぐ女優とか、
なんだかんだと言われているのは知っていたのですが、
美人さんですね〜
なんか、エマワトソンを彷彿とさせる顔。
だからこそ、しっかり、さっぱりした感じの主人公なのかと思ったら、
結構ユラユラ、思ってたキャラじゃなかったのね〜ベラ。

服装とか、派手なキラキラ女っぽいのは嫌いなのタイプは一貫していましたが、
なんか、性格はこんなんやったんか〜と、言う感じ、事、男に関しては(笑)

まあ、あのヴァンパイアのエドワードがかっこいいとか良くないとか、
想像の吸血鬼っぽくないとか言う意見は、あえて言いませんが。

ツンデレっぽいけど、あまり魅力的なツンデレではなかったです。
いろんなツッコミどころがありました。

一番典型的だったのは、会わないようにしようという展開で、
「お前のことが嫌いなんだ」って嘘をついて、ベラを傷つけて別れる時とか。
助けたことは忘れてくれ、とか。
ツンが突然で、あまり乙女心をじらされないというか。

そのエドワードの恋のライバル的なジェイコブも、同じように、
つい最近まで仲良くしてて、突然連絡を取らなくなり冷たく突き放す。

そういう時に、ベラはついつい心揺さぶられるんですよね。

そう、このベラが、いつも突き放されては、
このままじゃ生きていられない的な所まで、不安でしょうがなくなって・・・
結構ドライに生きてきてそうなのに、
こんなにベタベタと生きていたのか!?と、ツッコミました。

そんなら、あの不器用なパパともっと仲良くしてあげて〜

はい、登場人物の男性陣で一番好きなキャラはパパかもしれないですね。
娘思いの良いパパです。


第一話は、画面が結構暗かったり、撮り方怪しさを増しているので、
ヴァンパイアはみんな不気味です。(顔白いし)
みんな敵に見える〜
良いヴァンパイアも、最後まで裏切りそうな勢いです。

最近見たものでは、吸血系の悪者が出てくる映画が多かったので、
良い意味で裏切られて良かった。

そんな吸血鬼の特徴とか、狼男という敵対するグループの特性とか、
そういう設定は、しっかりしてて面白かったです。

ただ、三角関係の日本の代表格で言う、
花より男子的な想像をしていると、
まず、センターに居る女子のベラに裏切られます。
しかも対する男子が、二人とも似ている。
相対的な特徴的には正反対かもしれませんが、
性格は似ていると思います。
片方が情熱的で、片方はクールとか言いたいところですが、
ヴァンパイアのエドワードは
結構初期からベラを分かりやすくちょくちょく守っているので
そんなにクールなキャラに見えない。
最初の出会いに冷たくしても、あとで自分から話しかけたりしてるし。
かといって、狼男はどう見てもクールじゃないし。
そこが、魅力的な三角関係に見えない一因かな。

そんなことを考えながら、あ〜でもないこ〜でもないと
ツッコミながら見れて、ある意味楽しかった。
日本の少女漫画と比較して見たりして、
こういうのがアメリカの少女たちには響くのかな?と思ったり。
こういう展開少女漫画にはよくあるよね、とか思ったり。

思った以上に楽しめました。

ちょっとネタバレしそうな勢いで、あと1つ思うことは。




最終的にあの娘が大きくなって結婚したら・・・
きっと、蘭世と鈴世という兄弟が生まれて〜
人間に噛み付いたら変身しちゃうかもよ
っていう、ときめき的な展開が想像できるエンディングでした。

映画  c.0  t.0

SPEC見たよ。

ここ最近いろいろ映画を見ました〜

SPECに関しては、あまり休みの取れない妹と一緒だったので、前売り券を購入。
しかも清須会議も見たいから、こりゃどこかで2本立てだな、という計画に。

いや〜最近、前売り価格で、レディースディ以外の平日に映画を見ることが増え、
映画館はガラガラで良い感じです。
(映画館的には寂しい話でしょうが)
一番安いのはレディースディですが、やはりその日は平日でも終始、人が多い。
それ以外は、田舎だからか?1000円で見てるだろうシニアくらいの方がほとんど。
5分前入場でも、いい席が空いています。

さてさて、そんな感じで、
SPEC結、 漸ノ篇、爻ノ篇(清須会議と2本立て、ハードだった・・・)
見てきました。

ネタバレを含みますので続きは続きのページに。

映画  c.0  t.0

モンスター・イン・パリ!

2011年公開アニメ映画か〜

と、聞いてもピンとこないですが、
それもそのはず、日本では劇場公開されて無いそうな。

フランスの映画なのですが、

確かに、モンスターアニメ映画と言えば、
モンスターズインクとか?
モンスターハウスとか?
モンスターホテルはかろうじて聞いたことがあった。とか、
アメリカのアニメ映画しか浮かびませんね〜

でも、フランスにもあったんです、傑作アニメ映画。
(そういえば、どこかのドキュメンタリーで
フランスのアニメ学校が特集されてたな〜)

声の出演が、ちょっと目に留まって・・・
ヴァネッサ・パラディの名前は聞いたことある方も多いはず、
出演作は1・2本しか見たことないですが、辛うじて顔は覚えてます、
だってジョニー・ディップの(前の?という表現であってる?)奥さんだった方。
あと、ショーン・レノン。
あ、ジョン・レノンの息子さんだ〜CMで見たことある〜人でした。

そんな感じで、しかも途中から見てたんですが、
パリを舞台にしてるから、風景もおしゃれで、
それが結構テンポよく、展開も良く、絵柄もかわいらしく、面白く、
「え〜なんで、劇場公開されてないの!?」
と言う感じでした。

カールおじさんの空飛ぶ家に、負けず劣らずです。
ディズニーに負けず劣らずの絵柄だし、日本人も好きになりそうなのに、
何も知らずに通り過ぎてゆく所でした。

ロラックスおじさんの秘密の種も最近見ましたが、
これはこれで、可愛い絵柄で、話は派手なテンポの良い作品で、
想像よりは、話も深くて、
志村けんよりもトータス松本の方が出てたんか!?
と広告の力にびっくりですが・・・
やっぱり、キャラモノ作品と言うか、よくある1作の一つと言う感じで・・・

そんな作品と並んでも遜色ない作品なのに、残念ですね。
(しかもL.ベッソンプロデュースらしいのに〜)
でも、WOWOWでやっててくれて良かった。
こういう時、契約してて良かったと思います。
出会うことのない作品に出会わせてくれるチャンスが広がります。

DVDレンタルとかあるのかな?
CGアニメモノとか大好きな人は、一度見て欲しい作品です。

モンスター・イン・パリ 響け!僕らの歌声、ぜひ。

映画  c.0  t.0

いろいろあります。

最近、エレメンタリー(ホームズ&ワトソン in NY)を見ましたが。
じっくり見たら、面白かった。
最初、いくら奇抜な設定が求められる、有名原作とはいえ、
ワトソン女かよ〜と、斜めから見てました。
が、まだ1話ですが、
こういう、恋愛関係に発展するのかしないのか微妙な男女関係は嫌いではありません。
SPECの二人然り、TRICKの二人然り。(堤作品ばかり?笑)
私が唯一買っている小説の二人然り。
日本は、こういう作品が少なくて残念です。
ガラス越しの電話のシーンで、グッと胸つかまれました。
今後の二人のやり取りが楽しみです。

前回の記事で、銀魂実写化の妄想話をしましたが。

そういえば、「逆転裁判」の実写映画、面白かったんですよね〜
あんな、「まさか、これが実写化!?」って言う作品なのに。
もちろん、映画館で見た訳ではなく、WOWOWですけど。
想像以上に面白くて、わが家では好評でした。

「そんなにひらひらしてない!」ドテッ(そこかい!)

っていうコケが結構あります。
ツッコミながら見てください。

でも、ゲームはしてません。

意外に見だすとしっくりきている、成宮君の髪型。
基本前髪立ってる警察の方々。

面白かった〜
知らない方は、だまされたと思って一度見てみてください。

映画  c.0  t.0

映画な夏

某アイドルグループのSさんが映画雑誌の表紙を飾っていたので、何冊か買ったのですが。
もちろん、そのSさんの映画(本日公開、あ、0時になって昨日か)は、
前売りを特典付きで買っているのですが。
(地元の寂れた映画館だったので、発売翌日にまだ買えたという)

映画雑誌読んでると、見たい映画がいっぱい出てきてます。

何だ、この夏は!
豊作過ぎる!

ローン・レンジャー
Sさんの映画の一日前公開。
大人気スタージョニー・ディップとパイレーツのスタッフ・・・
絶対見に行く人多いでしょうね〜
Sさん残念、週間トップはこっちだろうな。
記録には残らなくても、記憶に残りそうだから良いよね。
私は楽しみですよ、謎ディ!

で、これから続々公開される訳ですが、
最近もちょこちょこ映画行ってまして。
真夏の方程式と、モンスターズユニバーシティを見ました。

真夏の方程式について少し・・・
ネタバレを含みますので以下続きを・・・

映画  c.0  t.0

東京上空いらっしゃいませ〜

今思い出すと、いつ、どこで見たのか覚えていませんが、
高校くらいまで、いや、大学だったかな〜?
一番感動した映画は「レナードの朝」でした。

あえて、いろんな映画を見たりしていなかった時の事。

で、感動したけど、面白くて、な〜んか記憶に残ってた映画がもう一つあって。

それが「夏の庭」相米慎二監督。

あえて映画を見だした時に、もう一度見て感動しました。
それから大好きな映画の一つになった1本。

それ以来、相米監督は好きな監督さんの一人です。

で、見ました。
最近、WOWOWで相米監督三昧中。

「東京上空いらっしゃいませ」
(ネタバレありなので、内容が気になる方は読まないでください)

切ないけど、良かった〜www
素敵でした〜

ある意味、アイドル映画なのだとは思いますが、
清々しいというか、
主役の牧瀬里穂がキラキラしてて、良い意味でキッラキラで、
その無邪気さが、すごく良いキャラでした。

最初はそこまで可哀想な感じはしないのだけれど、
観客は徐々にその愛くるしさに惹かれて行くような。
そんな魅力を感じる主人公が、良かった!

今もアイドル映画はあるけど、
こんな雰囲気の映画はないよな〜と、思いました。
こんな映画がもう見られないことが残念です。
今の時代、相米監督が生きていたらどんな映画を録ったのか・・・
いろんな今は亡き監督を思う時に、考えられる質問ですけど。
こういう良い映画を見たら、そう思わずにはいられないよな〜と、思います。

女優を可愛く映せば、可愛く見える訳ではない!

そんな真髄が、よく伝わる映画でした〜

あと、意外だったのが、
女性の服装。
丁度当時の流行が回ってきてるのか?
23年ほど前の作品ですが、
ショートパンツに少し大きめの白いシャツとか、
(男物を借りている設定かもしれませんが)
特に女性たちが履いていたパンツが、今の流行りにぴったりじゃない?
って感じの、なんて言うんだろう・・・
ゆったりした感じのクロップドパンツのような感じで、
花柄だったり、ブラックだったり、
まさに今流行りのいい感じのパンツだったんですね〜

中井貴一さんの住んでる部屋の下の階に住む女性、
毬谷友子さんの髪型こそ時代を感じますが、
この人の衣装は現代でも受ける感じでした。

そんな意外性も素敵だったな〜


最近バーゲンが始まって、物欲がむくむくと沸いているので、
な〜んか気になってしまう服。

最近良い感じのパンツを買って、ウキウキなので、
ボトムスには目がいきがち。

早く着てどっか行きたいな〜


次は「あ、春」を見る予定です。

映画  c.0  t.0

ホラーナイト

いやぁ〜
偶然なんですけど。

ローズマリーの赤ちゃん

と言う映画を見まして。

どこかの雑誌でホラー映画紹介の一つとして紹介されていたので、
題名だけは見ていましたが。
レンタルはしないだろうな、録画はしないな、って感じでした。

でも、偶然WOWOWでやってて、
最初の方20分から40分くらい見てないんですけど、
見てしまいました〜

曰く付きのアパートへ引っ越してきた、子供を待ち望む若い夫婦。
しばらくして妻のローズマリーが妊娠するも、
自分のおなかの子供が悪魔に呪われていると感じ出して・・・

そんな感じの簡単なあらすじ。

番組紹介もホラーだったので、
グロテスクな感じなのかな〜と、思っていましたが、
そっちのホラーではなく、スリリングサスペンス的な色合いが強いなと思いました。

あとは、主人公のローズマリーが可愛い!!
髪型がボブからベリーショートになったり、
いつもミニのワンピースだったり、
ちょうど今の女子の好みにぴったりな、ファッションで、
しかも、なんか嫌〜な感じのアパートなのに、
部屋のインテリアがめっちゃ可愛い。

そのあたりは、もうホラーに見えません(笑)

後はネタバレを含みますので
続きへどうぞ・・・

続きを読む >>
映画  c.0  t.0

| 1/2PAGES | >>