スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0

連続ドラマの魔術

関西の平日の夕方に、
もしテレビをつけていたら。

ちちんぷいぷいにチャンネルを合わせないことはありません。
私は大抵、5時台は、ぷいぷい。

3時台くらいまでだと、
西さんが出てるので、合わせたり合わせなかったり。

ミヤネ屋は、結構ワイドショー的な内容だったり、
政治も派手に扱って、
朝の延長戦みたいな内容なので、
内容によって、見たり見なかったり。

ハピくるは、
気になるインタビューか、
嵐のネタを追っかけるため、
見たり見なかったり。

では、4時は?

フジのドラマを見たりする時もあるけど、
大抵は、相棒。
相棒のよく知ってる回だと、フジかぷいぷい。

でも、たまに相棒じゃないのを放送しているときがあるのです。

それが、最近まで放送していた。
ゴンゾウ 伝説の刑事。

ちら〜っと見たことはあったんです。
でも、ちゃんと見たことはなくて。
今回も、初回の後半と、
間に何話か、見たり見なかったり、
5話か、6話からじっくり見だしました。

配役とか、雰囲気から、
「なんだ〜臨場みたいな話か?」
と、思っていたら・・・
全然違うじゃないですか!

なにぃ!これ、1話で終わらんのか!?

そうです、相棒枠には珍しく事件の謎は、
1話では解決されない。
しかも、あのエピソードは、この伏線!?というものが多くて、
解決したと思われた事件が、実は後から絡んでくる。

しかも、なんか主人公は、超難しい過去をお持ちのようで。

暗ぁ〜〜〜い過去、心理を漂わせながら、
大きな事件を追う、主人公。

あんまり、こういう話、日本のドラマにないよな〜
最近は一話完結が流行りだし。
刑事のキャラだけが目立つ作品が多いし。

・・・ん?
でも、最近こんな感じのドラマ見たな。

あ、WOWOWで見た、北欧ミステリー。
凍てつく楽園・・・だ。

全3話なんですが、
主人公が、普通に出来る刑事かと思いきや、
過去の悲しい出来事から、睡眠薬がやめられず、
仕事に支障をきたしていたこともあった。
ようやく最近薬をやめていたのだけれど、
新たな事件で、頭が冴えて、寝付けないので、
また飲んでしまう。
そして、寝坊してしまい、ミスを犯してしまう。

北欧ミステリーなので、
出てくる小物が結構かわいい、とか。
なんか、話とは別なところで気になる点は多いのですが、
雰囲気は、クール&ダークです。
そして、しっかりと優れたミステリー。

シンプルで、面白いんですよね。

こういうサスペンスドラマ、日本には少ないように感じます。
だから、久しぶりに見た、1話完結じゃない刑事ドラマ。
すごく惹き付けられました。

ただ・・・これ10回で最終回でも、
10週間も待つのは、つらいよね、ハハハ。
録画、いっき見率が高そうな作品です。

毎日の連続放送だったから、楽しめた再放送。

毎週録画せずに見ていた方の、
待ちきれない思いは、計り知れません。

そういう、ワクワクさせる作品を、今一度。。。

ドラマ  c.0  t.0

ひどい扱い

ペテロの葬列、今日最終回です。

毎週月曜日の夜8時から。

うちの父はNHKの鶴瓶さんの番組が大好きなので、
家に居るときは、その話しかしませんけど。
たまに面白そうなときは自分も見るし。
Qさま見てる時もあるし。

そんな感じで、チャンネルを合わすのを忘れることが多い時間帯、
全部録画していました。

初回2時間。

新聞の試写欄に載っていたので、気になってて、
見過ごして・・・
あきらめかけていたら、
深夜に再放送をしていて、
偶然開始30分くらいのところから見始めました。

面白そう。

前回のシリーズは、見たり見なかったり。
出演者はそのままだったので、
関係性は全く知らないわけではなく。

なんか、最初に重要人物死ぬし!

で、引き込まれましたが、
一話完結と違って、謎が続きそうだったので、
貯めて見ようと思い、しばらくは毎週録画の放置でした。

でも、容量を食うし。
見たら消そうと思って、前々週くらいかな?見始めました。

面白い。

なんか、今回は主人公の家の方もバタバタしてしまって。
(前回は、そうでもなかったのに)
自分がこの人だったら、絶対おなか痛くなってるよ。
という、ストレス溜まりまくりの環境の中。
まゆ毛ハの字苦笑いで、やり抜ける主人公。
それが、小泉さんにぴったりなんですよね。

そこへ来て、今回主人公の家がバタバタしてるものだから、
余計に家が落ち着ける場所でなくて、
終始シリアスな、気の抜けない環境の中、
落ち着ける同僚のムロツヨシ!
なんなんですか!あの人は!
もう大好きです!(笑)

今回、編集長がいろいろ大変だったし、
仕事仲間にも厄介な人がいて・・・というわけで、
仕事場もごちゃごちゃしている中、
いつもの、そう、ヨシヒコでも見たような空気感を出せる、ムロさん。
最後までブレずに、あの空気感で行ってほしいです。

そして、そんな仲間がいる広報室を出ていくことになるのか?
主人公。
そうなると残念。

ムロさんとは、さようならなんですかね〜

私は原作を見ていないので、全く知りませんが。
どう違うのとか、どうなるのとか。

一番衝撃的だったのは、
主人公の夫婦仲がギスギスしてきた所。

設定としては、ややこしくて珍しい感じで、
そんな中でも仲良くやってそうで、そこが良かったんですけど。

どんな感じになるんですかね〜
1時間で終われるのか!?
ってくらい、いろいろあるんですけど。

で、今日最終回。

10時!?

先週のラストをちらっと見てて、
予告で来週10時から・・・というのを見て、
「はぁ?」と、思っていたら、
案の定、毎週録画機能が「ちょっと番組キャッチできないよ」
という反応になるくらい、遅いではありませんか。
(番組名での毎週録画ではなかったため)

視聴率があんまりよくないと聞いていましたが。

ひどい扱いじゃ、ありませんか!

もういっそ、一週延ばして同じ時間にしてくれないと、
ご老人たちはついていけませんよ!

そういう録画機械も多いと思いますよ!

みなさん!
今日勝手に予約されている方は、もう一度ご確認を!

謎が解ける最終回を、録り逃し去れぬよう!
お気を付けくださいませ!

ドラマ  c.0  t.0

項羽と劉邦



もう、討ち死にしてしまいましたね。
でも、初回から登場してて、
なかなか濃く書かれていた人でした。

全然知らなかったけど。

まあ、当初の知識が。

「項羽と劉邦は、三国志の時代の人ではない。」

でしたから。
浅すぎ。

三国志は、三国無双の影響で、結構深めたので。
妹の方が深いので、
ちょこちょこわからないとこ聞きながら。
それでも、名前聞いたことある〜とか、
それくらいの知識ならありました。

けれど、よく聞く「項羽と劉邦」の名前だけ。
マンガになってるとか、
有名なのは知っています。
それに劉邦とか、劉備と名前が似ているので、
有名な武将と言えば三国志の人?とか思ってしまっていましたが、
そうではない。というのは勉強しました。

が、正直どの時代の人かは・・・

その後、キングダムにハマって、
春秋戦国時代、
秦の始皇帝のあの時代付近のエピソードに興味を持って、
項羽と劉邦に、始皇帝が出ると聞いて、
調べたら、ちょうど秦国が統一された後に出てくる・・・というのを知り、
俄然興味がわいてきたので、
いいタイミングでBS放送の始まった項羽と劉邦を見だしたのです。
(前はWOWOWでもやってたのにね〜)

その初期のころ。
まだ劉邦なんて、地元でゴロゴロやってて、
なんだよ〜このドラマ面白いのかな〜とか、
疑ってかかっていたころ、
WOWOWで映画の項羽と劉邦がやっていたので、
見ることにしました。

こちらは、いろんなエピソードがある中でも、
鴻門の会というのがメインで書かれていて。
なおかつ、もうドラマが後半を迎えて気付いたんですが、
かなり史実にない展開で書かれていたんです、ね。

信じるところだったよ!

最初こそ、
たまに見逃したり、頭半分忘れていたり、しましたが。
馬鹿の話が出てきたくらいからかな?
おお〜おもしろ〜と次が気になりだしたので、
もう、録画して飛ばさず見てます。

一人ひとりのキャラがちゃんとあって、
劉邦の子分的な(今では将軍たち)人たちも、
名前と顔が一致するようになったし、
諸侯の人々の何癖もあって、面白い。

李斯は最初はいたけど、
たま〜に二世皇帝が「もうてん」とか、
キングダムでも聞いた名前がいて、
おお〜ってなりましたが、
あんまり出ないですね。
「おうほん」の息子か?と言う(紹介ではおうせんの孫)
「王離」っていう武将が、
章邯の配下で出てきてましたが。

ただ、司馬とか、曹とか、夏侯とか
もしかしてこの人たちの子孫が・・・三国志と関係が?っていう
気になる人たちの名前は結構出てきます。
そして、そう考えると楽しい。
(そうじゃなくても)

そんな感じで、
ネタばれしない程度に楽しさを書いてみました。
キングダム好きなら、お勧めです。

お金かけてんなぁ〜ってシーンがいっぱい出てきますけどね。

今は、完全に秦は倒されて、
劉邦の漢と、項羽の楚の対決。
劉邦は、項羽が斉を攻めてる隙に、その城を落そうと乗り込んで、
一時は城をとるも、項羽の反撃にあって、
ボロ負け。逃げて逃げての逃避事。

ただ、劉邦は、ほんとに帝になるんか?というキャラで、
秦を降伏させたら、城でぐうたらして、
兵たちが町で暴れまくっても我関せず、
いろんな人に怒られて、項羽も怒るよ!って言われて、
対策打つのも、気付くの遅くてぎりぎり。

しかも、それをまた項羽の城でもやったから、
兵法を練る大将軍の韓信が、
「項羽が返ってくるので、兵の規律を整えてください」
って訴えてるのに、言うことも聞かず、
反撃に備えて兵を配備してる韓信を、
何か勝手に兵動かしてるよ、怪しいな。とか。

ちょっと韓信を不遇に感じるエピソードが多々。

韓信自体は、かなりの名将で知られている人ならしいのですが。

最初楚軍に居たけれど、
ずっと兵法を勉強してて、勝手に情勢を読んでずっと進言したかった。
項羽のおじさんにも、
「今行ってはいけませんよ〜」って、一兵卒のくせに言おうとして、
取り合ってもらえず、
ちょっと(無理に)出世して、項羽の近衛兵になるけど、
そこでも勝手に「こうした方がいいよ〜」ってメモって、
こっそり陣営に置いてたら、
「なんじゃこりゃ〜」と見てももらえず、
そうこうしてたら、項羽が捕虜になった秦の兵20万を皆殺しにした、とか、
もう秦を倒したから、「平和になった〜、兵隊要らんわ〜」って、
兵に暇を出しだしたので、それを機会に楚軍から離れる事に。

その流れで漢軍に入り、
蕭何っていう重役がいるという情報を得て、
蕭何っていう偉い人に会わせてください」って
蕭何本人に言って、無視されたり、
「私親戚ですねん」と、会ってみたり、
おいおいテメェただの一兵卒だろ、と突っ込まれつつ、
蕭何さんの下で働きだしたけど、
やってることが兵糧の世話とかだったので、
「こんなことしたいんじゃない!」って怒ってたけど、
頭使って仕事したら、蕭何さんにちょっと認められて、
地道に頑張れって言われたんだけど、
「いやおれは天下の大将軍になるんだ!」
と、信見たいなこと言いつつ。
お酒飲んで暴れて、処罰で打ち首か(そんな感じのやつ)!?という事態になって、
やっと・・・
布団の下にこんなんありました〜〜!!と、
兵法を勉強してたりしたのがバレて、
やっと蕭何から劉邦に伝わって、
こんなやつがおったんか〜
大将軍になれへんかったらどっか行くって言うし、
こいつ野放しにしたら、えらいことになりそうやし、どないしよ!

うちの軍には、(ちょうど軍師の張良さんが里帰りしてたので)
軍を統制する人、大将軍がいない!
えぇい!こうなったら!

韓信は大将軍になれました。ちゃんちゃん。

でも、劉邦古参の将軍たちは、
ちょっと気に食わない。
前まで統制してた張良さんは、一応名の通った人だったし、
一緒にいた時間も長い。
けれど、昨日まで部下の部下、顔も知らない兵だった奴が、
自分に指揮するなんて、ムッカ〜

だけど、やっぱり、
天気を読んだり、地形を読んだり、
兵法オタクだけあって、
がむしゃらに戦ってきた、ぼくらとは違うな〜と、思い始めてきたよ。

の、矢先。
韓信、漢軍の大敗を防げず。

さて名誉挽回はあるのかな?

なんか、長々と、軽〜く韓信のエピソードをなぞってみましたが。

蕭何さんも色々エピソードあって、
魅力的な人物。

劉邦の奥さん、呂夫人も、

おじいちゃんも(笑)

張良も、(妹いわく、カエルみたいな顔・・・スミマセン)
魏国の王さまも、奥さんが頭良くて、
面白いキャラ。

項羽の頭脳、范増さんも、嫌味な役だけど、
考えていることが手に取るように分かる、
魅力的な敵役。
血縁はないけど、項羽から亜父(あふ)って呼ばれてる。
お父さんみたいなって意味なんかな?
どちらかと言うとおじいちゃん(笑)

そして

(妹いわく、この人を見ると小栗旬を思い出す)

この人は唯一、このドラマ以外でも見たことある、
と、わかる人物。

妹いわく、
項羽が負けたのは、人望がなかったから。
と、聞いていたんだけど。

その言葉から想像するほどの、
悪役的匂いは、強くありません。

項羽がもう少し年を取って、落ち着いた大人だったら、
劉邦に負けてなかったかもという話が、あるとかないとか。

うん。
なんとなくわかる。

そんなキャラです。

秦の捕虜を殺した時も、
殺さない道も選べたかもしれないので、非道と言えば非道だけど、
ほんとは殺したくなかったんだよ〜的な涙を流す、
人間味もあるんだよ〜という書き方でした。

范増が「劉邦は生かしていたら怖いよ!殺せるときに殺せ!」
ってさんざん言っているのに、
うまく情に訴えられて詰めが甘くなっちゃった、鴻門の会。
(項羽のおじさんが討ち死にした戦いに、諸侯は無視してたけど、
劉邦だけは無謀だとわかって助けに行こうとした、恩がある)
その後、事あるごとに
「だからあの時殺しとけって言ったのに〜」ってじいちゃんに言われる。
じいちゃんは、項羽に内緒で戦いをけしかけたり、スパイ送り込んだり、
ちょこちょこ劉邦にちょっかい出してますが、
うまくいかず。
今も、絶対殺す!という気ではなさそう。

まあ、城を取られて、ボルテージは上がっているとは思いますが。
劉邦負けたし、あいつヨワヨワだよ。とは思っているかも。

僻地にやったから、あいつヨワヨワだよ。
と侮って、城が取られたので。

秦を倒したけど、全国をまとめられず、
諸侯がちょこちょこ反抗しているのは、
そういう求心力がなかったと見ても、
おかしくはないと思います。

楚国が秦に滅ぼされて、
復讐から、秦を倒す目的で戦ってきて、
秦を倒したら、
別に王になりたくて秦に来たんじゃないんだも〜んと、
楚に帰った。
そこをいろいろ付け込まれ、
ボロが出てくるんでしょうか。

母曰く、
最初の挙兵もおじさんが発端で、勝つ戦しかしてこなくて、
ある意味ちやほやされて、恵まれた環境で戦えてきて、
ちょっと調子に乗ってたところもあるんじゃないかな〜
だからあかんかったんちゃうかな〜
とのこと。

まだ、ドラマは負けの様相はないですが。
どうなるのかな?
楽しみです。

後のキャラも細かく浅く語りたいですが、
長くなりそうなので、今日はこの辺で。

忘れたころに、語り出すか、出さないか。
それはまた、別の話。

では、長くなりました。
ちゃんちゃん。

ドラマ  c.0  t.0

らくがき

 
劉邦のお父さん。

走り描き(笑)
ドラマ  c.0  t.0

いろいろと。

るろうに剣心まであと少し。

先日毎日放送していた、Dr,JINが終わり。
(仁の韓国リメイクドラマです)

お盆やら何やらで、リアルタイムに見れていない、
項羽と劉邦が溜まってきて。

日曜の夜の太陽を抱く月も気になりだし。

毎週水曜には君の声が聞こえるも楽しみで。

ジョジョの奇妙な冒険も毎週楽しみ、だけど、
最近2話連続が多いので、ちょっと貯めてから見てて。

日本のドラマでは、STはリアルタイムで見ることが多いけど、
あとは録画しっぱなし。

若者たちも開始前は気になって録画してたけど、
君の声が聞こえるとSTに被っていたので、
あきらめました。

君の声が聞こえるの方がきになる!

そんな感じで、
Dlifeも毎週常時2・3話は録画ドラマがあるので、
溜まっていく映画やドラマに圧迫された容量の、
残量との戦いです。

毎日連続放送のJINと仮面ライダーがなくなって、
ちょっと楽になっている今日この頃。

項羽と劉邦は、秦がなくなってから、どんどん面白くなりました。
これも毎日が楽しみ。
けれどもう半分は折り返しているので、
ラストが近くなっています。
最近、まさに楚漢の戦いという様相です。

君の声が聞こえるは、
WOWOWで放送中のドラマなんですけど。
うちの母がシークレットガーデン大好きで。
(私はまだ見てない)
メイン出演男性二人が、そのままシークレットガーデンの主要出演者で、
気になるから録画しようよ、からの始まりでした。

放送前の説明が、
ラブコメ、法廷サスペンス、ファンタジーが一緒になった的説明で、
は?ってなってたのですが。
見だしたら、最初からサスペンスで引き付け〜からのラブファンタジー?的展開で、
途中から法廷ドラマっぽくなりますが、
ラブ部分は、まさに少女漫画的ストーリーで、
意外にハマっていました。

その話は、また今度。

JINもね〜
もう名前以外の共通点を探すのが難しいんじゃないかというほど。
導入部分が全く違うので、難しいのですが、
話が進むにつれ、オリジナル色は強くなっていきます。
その話も、できたらまた今度。

太陽を抱く月は、
ようやく子役から大人に役者さんになりました。

土曜の朝には、その数話前が放送されているそうで、
母が、なんやかんやいっていたな〜
ああ、これがこの子でどうなってって、
まだ知らないことをつらつらと。

ただ、韓国のドラマって、
子役から大人の人に変わったら全然違うというのが、
今まで見た中でもいくつかあって。
もう少し似た子はいなかったんかんか〜!と、突っ込みたくなるほど。

このドラマも例にもれず、
しかも、そういうのって展開的に、
子供のころに似てて、再会した時気付くとかあるけど、
いやいや、絶対気付かんて!と、
毎回突っ込んでます。

このドラマに関しては、お兄ちゃんたちはもう人が変らんでもいいんじゃないの?
っていう感じで。
かろうじて声優さんが一緒とか、そういうので把握しました。
顔見てたら気付きません。

そんな突っ込みを抱きつつ、
毎週楽しみにしています。

そんな気になるドラマの話。
時間があったら、
また詳しく語らせてください。

では。

ドラマ  c.0  t.0

弱くても勝てます!

なんかいいですね。

何でしょうか、最近フォーゼ見まくってるからでしょうか、
学園ドラマって良いですね。
しかも、最近数が少なくなって、
刑事ドラマはどこかしらの局で、
必ず1本以上は、通年やってるけど、
恋愛ドラマとか、学園モノとか、
最近は半沢の流れで、銀行モノ?
その数を減らしつつあるジャンル。

学園モノ。

開始前はあまちゃんキャスト多いだなんだと言われてましたが、
どっちかと言うと、はらちゃん臭が臭いキャストだと思ってます。
嫌な意味ではないです。
(泣くな、はらちゃん好きだったので)

あと、福士くんは私にとって種市先輩と言うより、
仮面ライダーフォーゼの方が今強いので、
あまちゃん臭は全く頭になく。

学ラン姿がまた見れて、嬉しいな〜

有村さんも、南ちゃんっぽくて良い。
部員の格好しちゃうとこ、可愛かった〜

なんか、ああいう幼馴染感のあるドラマ、
最近なかったよな〜とか、
でも、この土曜9時枠って、
昔はそういうのいっぱいあって、
宝庫だったのにな〜とか、
いろいろ思い出してしまいましたよ。

もう、全体的に、
高校生役の人たちが、皆なんか良い感じ。

本郷奏多くんなんて、高校生役の常連?って感じで、
あんまり面白味ないな〜とか思ってたけど、
役柄がうっとうしい目立ちたがり屋の貧乏とか、
意外性があって、且つ、
青志先生のツッコミとのテンポが良くって、
なんか良い感じだし。

山崎賢人くんは、あまりよく知らなかったんですけど、
その先入観ないとこから見れて、余計良かった!
スタイル良いし、売れそうだな〜

中島裕翔くんは、良い意味で、
ジャニーズ臭消えてて良いですね。
アイドルでギラギラ目立たず、俳優に溶け込めるって、
配役のバランスが良くって、良いです。
頭良さそうな顔してるから、説得力もあるし。

そういえば高校生達、皆、背が高いね。

他の野球部員もこれから話があるのかな?
牛丸君がちょくちょく出てるので気になるな〜

最初は、青志先生が野球部の監督になる所とか、
弱くても勝つ!とか意気込むようになる所とか、
どうしてそこまでして勝たしたいんだ?とか、
あまり理解できなくて、
初回の1時間は、あまり心揺さぶられなかったんですけど、
2話見て、3話見て・・・
面白さがじわじわとやってきています。

3話のしょっぱな、
ゴキブリ騒動なんて最高でした。

こういうアニメみたいな話題のドラマ、
最近ないですからね。
見やすくて、その点も良いです。

土曜が楽しみ!!
これからどうやって勝つのか、楽しみです。

ドラマ  c.0  t.0

う〜ん、時差かな。

最近、仮面ライダーフォーゼにハマっています。

おそっ!

地方局(サンテレビ)で、再放送が始まりました。
地方局(サンテレビ)で新放送されて〜の、終わって〜の、再放送。

私が毎週HDDに録画していたのは、オーズのはじめくらいまで。
途中から、だんだん見なくなって・・・
フォーゼの評判を聞いていたので、見ようかな〜
と、録画を始めようかと思いましたが、
初回を逃したりして、途中になったら、どうもついて行けなくて、
それ以降のライダーは、もう録画せずついて行けない・・・

と言うことで、見たかったのですが、見れていませんでした。

しかし今回、聖☆お兄さんの映画を見てて、
子供たちがフォーゼのマネしてて、
あ、映画に出しても良いんだ〜実在のヒーロー
と、ふと思ってたら、
偶然サンテレビで再放送が始まったその日にテレビを付けてて、
見よ〜と、見出したのです・・・

おもしろっ!

2話は録画を忘れて途中からですが、3話からはもう見逃しても良いように録画。

見てて、
「あ〜、こりゃ福士くん人気出るわ〜」って感じですね〜
可愛いつっぱり少年だったんですね〜あの役。
見るまでは「なんか、髪型どうなん?」って感じでしたが、
もう、虜です。

女の子も、可愛い。
どこかで見たな〜と思ったら、オールザッツ漫才でした(笑)
ドラマより先に出会ってました。ユウキちゃん。
最初に変身ポーズはこう!とかフォーゼに教えてたり、
フォーゼが変身する度、
近くに居れば「宇宙キターッ」って一緒に手を上げるのが可愛い。
見切れてても、声は入ってるし。
ちっさく映り込んでる時は、絶対一緒にやってるし。

途中から見てて一番意味不明だった、先輩のチアリーダーとアメフト部長。
まるでアメリカのドラマから出て来たかのような二人(笑)
ちゃんと見たら、一緒にいる理由とか、理解できるんですが、
飛び飛びで見てたら、一番意味不明かも。

歌星君とかに邪険にされて、仲悪いの?いいの?って感じだし。
良いんですけどね。(ちゃんと見たら、以外にしっかりしている先輩2人)

最近はメテオ出てきました。
イケメンですね。

楽しみです。

カブトはちらほら見てて、でも、面白かったから最初から見たかった〜と思い、
次の電王から録画し始め、Wまでは全部見た!
からの久々のハマりです。

明るいライダーで楽しい朝。
でも7時ってのが・・・
やっぱりリアルタイムはきつい・・・(遠い目=_=)
ドラマ  c.0  t.0

ここはニューヨーク

20140305234605.jpg
 なぜか日本語の宅配注意のシールが張ってあるダンボールから出てきた、日本語の永田の居酒屋と書かれたロボットのおもちゃ。
ちなみに名前はスパイクボット
 
ホワイトカラー
シーズン3
第3話

20140305234911.jpg

永田の居酒屋スーパーロボットをFBI権限で手に入れ、ニンマリ。
おちゃめなピーターおじさん。

ドラマ  c.0  t.0

テレビはお友達。

ヒッチコックの「見知らぬ乗客」を見ました。
あぁ、前にニノが舞台してたな〜と思って、録画して。

内容は、交換殺人としか知らなかったのですが、
思いの外、ハラハラ。
面白かったです。

昔の作品って、ほとんど知らないけど、
ほんとに面白い作品がいっぱい。

古い画面は見たい時と見たくない時と、気分が別れるのですが、
(たまに最新FF並みのビジュアルでRPGがしたくなるように)
今は、見たい気分のようです。

白黒のヒッチコック映画から、
BS深夜に放送中のドラマ版シャーロック・ホームズまで。
BSだとポワロとか、マープルおばさんとかも好きですけど。
コロンボは面白いシナリオと、面白くないのがあったな〜

最近は時間があれば、そんなテレビ三昧。
というか、録画番組がすごく貯まっている・・・
と言う方が妥当かもしれません。

BONESも、ホワイトカラーも、年末少し前からのがいっぱいいっぱい。
クリミナルマインドはDlifeの分は観賞終了。
今はシーズン2を再放送中なので、当分は最新シーズンのみ。

で、新しく見終えたのは、ジャン・レノが主演した刑事ドラマ
「刑事ジョー パリ犯罪捜査」

予告とか、たまにチラリと見る映像とか、
どんより暗くて、全体的に暗い話なのかな〜と、思ってましたけど。
ジャン・レノがドラマやるなんて豪華〜とか、
パリが舞台とか面白そ〜とか、
単純に気になって録画し始め、
暗そうだから、あまり見たくならなかったけど、
見だしたら思ったより面白かったパターンです。

娘がドラッグ関係でいろいろ問題起こしてるし、
自分もアルコール漬けからの、禁酒し始めたという所で、
悪徳警官なのか〜?と、思ってたら、
結構同僚からの信頼は厚くて。

特に相棒のイケメンは、ちょくちょく聞きこみに行った先で、
「あの女、お前の方見てるぞ〜」とか、ジョーに茶化されてるのに、
心底ジョーを信頼している、可愛い相棒。

娘への愛情でいっぱいなのに、表現ベタとか、
いつも野良のワンコに話しかけたり、
囲碁で遊んだり、可愛いキャラ。

オジ様好きはメロメロかも。

画面が暗いから内容も暗いのかな〜と、思ってたけど、
現場がパリのきれいな街並みの各所で撮られてて、
だからアメリカ舞台の刑事ドラマとはまた違う色だったのか〜
と、理解しました。

思ったよりもジャン・レノは冗談を言うし、
犯罪現場の状態より、現場の街灯の数を数える
変わったぽっちゃりキャラもいるし、
思ってたより明るい人たち。

10話もないくらいすぐ終わってしまったので、
寂しい半面、テンポ良く終わって見やすかったですが、
面白かったです。

刑事×ドラマは数多く、途絶えることはありませんが、
似たようなものも多く、残念なことが多々あります。
それでもたまには、外国のドラマですが、
こんな良作にも出会えるんですね〜

ちなみに、今クールの日本ドラマ。
初回を見た刑事ドラマは、録画して見てないモノもありますが。
福家警部補〜、戦力外捜査官、緊急取調室・・・
続けて見ようと思ったのは、土曜9時ぐらいかな〜
楽に見れる感じで、良かった。

福家〜は女性版コロンボとか言われている割には、
セリフ回しがシャキシャキしすぎて、コロンボっぽく無くて、
あまりしつこさも、嫌な感じに感じられなくって残念でした。
なんかこの作品知ってるな〜と、思ったら、
以前にもNHKでしてたんですね、あぁ見たことある。
あっちの方が面白かったような気がします。

私の嫌いな探偵は、面白かった。
・・・と、思ったら脚本福田雄一!?
金曜深夜×福田雄一
あの時間帯って、ゆるいものに当りが多いんですよね〜
気になります、続きが。

ドラマ  c.0  t.0

ちょっと違う

TOUCH、11話まで見ました。

どこかの記事で、
「このドラマのスタッフが日本描写を丁寧に描くよう頑張ってる」
と、ありまして・・・

確かに、今までおざなりに描かれてきた日本とは違って、
最初の方からちょくちょく出てくる日本人役の「カワイイ〜」大好き女性は、
本当の日本人の女優さんを使うとか、
あと、自分は吹き替えなのでよく分からないのですが、
日本語を使う時は、今の言葉っぽい、無理のないセリフにしてあったりとか、
極力日本人には日本人俳優さんを使うとか、
ちゃんと日本文化に気を使ってるんだよ〜

と、読んだのですが・・・

もうちょっと、もうちょっとなんです〜><;

という描き方でした。
残念、惜しい

特に11話、日本の震災、津波が重要な役割を果たす展開なのですが。
そこに出てくる仮設住宅。

室内が、なんか洋風〜><
ちょっと広い〜><

っていうか、玄関が無い〜〜><

はい、ちゃんと室内では靴を脱いでおられました。
しかし、しかしですね、
いくら小さなアパートでも、長屋でも、
靴を脱ぐ場所は、室内なのです。
4畳半の1間の部屋でも、大抵室内に靴を脱ぐ場所があります。
仮説住宅なら尚更。

そこが、一番引っかかった所かな〜

もう、お辞儀しすぎ〜とか、
仮設住宅のキッチン洋風すぎ〜とか、
日本ならもっと家電あるはず〜とか、
サムライの家系を大事にしてるなら、刀は床の間だろ〜とか、
後ろの人たちとか、若干日本人に見えない人もいる〜とか、
(ほんとに日本人ばかりだったら、スミマセンが)
細かい所は、まあ良いとして、

室内で靴脱げばいいってもんではないのです、と、言いたい。

日本人らしき主要女性キャラが、皆中華系っぽい方ばかりだったので、
もうちょっと日本人風な人使えなかったのか〜と、ちょっと思いました。
ハリウッドに日本人俳優が少ないのが一番の原因らしいですが、
日本にはヤマトナデシコな女優さんいっぱい居るのにな〜と、残念です。
なので、フラッシュフォワードに竹内結子さんが出て来たのは、良いことでした。
日本文化の扱いは、ちょっと残念でしたけど。

やっと、今日ならシーズン1を見終わりそうです。
でも、謎が解けないんだろうな〜

ただ、見る前より格段に面白かった作品です。
数学好きな方は、もっと面白いんだろうか・・・
私にゃさっぱりです。
誰が敵で、誰が味方なんだ〜
という展開は、某24時間ドラマに通じる所がありますが、
シーズン2でどんどん大ごとにならないか心配です。
国家とか関わって来ると、ちょっと残念。
お父さんも普通に仕事してたのに、
もう後半は仕事へ行っている形跡なしだし。

さあ、どうなるのかな?
お父さんがんばれ〜と応援しようと思います^^

ドラマ  c.0  t.0

| 1/3PAGES | >>