スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0

やっぱり武士!

来月はいよいよ、るろうに剣心の映画が公開というわけで、
私の思考はそのことでいっぱいです。

予告を見るたび、胸が騒ぐ〜と、言った感じなのですが、
その胸騒ぎをさらに高める、朝のアニメ再放送。
今丁度、志々雄の所だし。

そして、朝の30分だけじゃ飽き足らないときは、
そう、うちにはあるじゃないか!
アニメDVD-BOX!(豪華版)

漫画は全巻ないくせに、あるんですアニメは。

そんな感じで、予習中です。
復習と言うんでしょうか。

案外忘れているものです。

志々雄との最終決戦の舞台は記憶にあったし、
安慈の過去とか、宇水とか、ここの戦い云々・・・

でも、操との出会いのとことか、微妙に記憶から抜けていました。

前に、新京都編を見たときは、結構な内容の改変に、
衝撃的だったんですが・・・
それで余計、見直したくなったという。うん・・・
ネタばれになったらすみませんが。

京都大火を阻止するあの戦艦煉獄で最終決戦か〜

ん?そういえば、実写映画の予告でも、
敵対する蒼紫とか、斎藤とか、左之助、剣心が4人揃って、
志々雄に向かう場面ありましたけど、背景煉獄っぽかったな〜
志々雄が剣心の方にかみつく場面もあったな〜
え?これが全編なのかな?
だとしたら展開速くない?
全編のうちに蒼紫さん仲間になっちゃうの?

なんか、新京都編と展開似てるのかな?
だとしたらちょっと肩すかし感半端ないっすけど。
残念だな〜

ただ、気になるのは、
やっぱりどこまでが前編で、どこから後編になるのか。

蒼紫の因縁が、やはり観柳でやりあわなかった分どうなっているのか。
じゃあ、操の出会いの場面も微妙に違うかも知れなくて、
でも、あの辺りは結構あっさり、すっと流せそうなので、
原作どおりに行かなくても違和感無さそうだけど。
操から般若君が〜とか聞けないんでしょうかね〜
般若君、いなかったからな〜

新月村っぽいシーンは予告で見れたので、
三島栄次っぽい少年と、操っぽい子も映ってたし、
あの辺りは、尖角は微妙だけど、原作通り出てくようですね〜

後は比古清十郎が・・・配役も名前無しだし・・・
出てこないのかな〜やっぱり。

十本刀の張は出てたので、
折れた逆刃刀からの、新しい刀入手はあるとして、
京都大火はその後だし、
それが前編のサブタイトルだとしたら・・・
修業は無しなのかな〜
天翔竜閃・・・やっぱり実写で奥義の説明をグダグダするのは、
ちょっと似合わないのかな〜

どうなるんだろう・・・
どきどき。

前作で、ガトリングガンが出てきたときは、
テンションあがりまくりでしたが、
原作と違い、恵が逃げてきた時の左之助との絡みが少なくて、
仲間になる過程が、ちょっと残念かな〜という感じでしたが、
アクションは、ほんと気持ちのいいもので、
あの動きに感動でした。

ただ、予告の宗二郎と剣心の戦いをちょろっと見ましたが、
宗二郎の動きが、ちょっと微妙でした。
(ワイヤーっぽいというか、前回はそういうの少なかったので・・・)

前回は「おろ」剣心が少なくて、笑いどこが少なかったのも残念でしたけど。

左之助がもっと絡んでほしいな〜
っていうか、もう斎藤さん出てきたから、
ぼこぼこにやられることもないのか〜
あれで斎藤の鬼畜っぷりが、その後のギャップになって面白いのに。
もう、仲間になっちゃってるからな〜

左之助の二重の極み・・・出てくるのかな?

こう、実写映画が楽しみで、アニメとか見だすと、
やはり、全部が全部反映されるわけではないので、
違う展開に残念になることが多々あって、
期待するだけ期待して、
あんまりしない方がいいんですけどね。

でも、待ち切れなかったんです。

もう試写会もあって、見てる人もいるんですね〜
うらやましか!

情報小出しにされると、余計気になる!
なんか、公式サイトに日めくり剣心的な写真ありますけど、
もう、写真もきれいだし気になる!

地方ローカルの映画情報では、
翁と蒼紫の殺陣がすごかったらしいです。

あ〜気になる!
もう、8月上旬の早いうちに、見に行きたいと思います!

そこで、あ〜だ、こ〜だ。
あれがどうした、これがどうしたと、
時間があれば話したいと思います。

やっぱり見てみないと、なんとも言えませんな!
どちらかと言うと楽しみですから!


あと、最近古いゴジラをBSで見たので、
アメリカ版も楽しみなんですけどね〜
初めてゴジラ第1話見ましたけど、
色々と衝撃!感動!面白かったです^^

ウルトラマンも古いやつが、やっぱり面白い!

世界が認めるのもわかります。

やっぱり、自由でないところにこそ、
創造の可能性が爆発するんですね〜

かつての製作者の、汗と涙の結晶は、
確実に今も多くの人の目を輝かせています!

CGが進歩した今だからこそ見られないものが、
昔の映像にはあふれています。

アニメ  c.0  t.0

スポンサーサイト

-  c.0  t.0

コメント
コメントする