スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0

もう、お盆。

公開4日目くらいで行ってきました。

るろうに剣心・京都大火編

で、なんやかんやで、8月も半分すぎてしまった。
今日この頃。

その間にも、WOWOWでX-MENの一挙放送見て、ちょっとハマったり。
パシフィック・リムもう一度見たり。
項羽と劉邦は、どんどん面白くなっていくし。
キングダムは休み続き。ショボーン

思えばいろいろ、映画を見ている、今日この頃。


るろ剣、ネタばれしては何なので、内容は隠しますが。

うん。

人多かったよ。
しかも、4月からレディースデイがなくなって、
男女みんな月曜1100円、というのになったので、余計。
しかも、夏休みで、余計。
テレビCMの満員御礼は嘘ではない状態。
公開10分前までに、満席になりました。
田舎のシネコンなのにね〜
久々に聞きました、残り席が少なくなる案内。

でも、もう待ちきれないと思って。
前の日記で書いたように、
こういう思いって、何かほかに気になることが出てこない限り、
ずっと大きくなっていくものなので、
早めに行こうと心に決めて、行ってきました。

感想など。。。

まず、前回は予習せず、
少し遠くなった記憶を持ち合わせ、見に行きました。
一番濃かった記憶が、観柳がガトリングガンを撃つ!だったので、
まさにその映像が見れて、大満足でしたが。

後で、アニメとか見て、見直すと、
こうだったな〜と言う記憶が甦ってきましたが、
まあ、仕方ないかと。
これはこれだな、と、思ったものです。

ただ、今回。
まあ、仕方ないよねここは、
という原作とは違う展開がいくつもありますが・・・

なんにしろ「左之助もうちょっと出番増やしてあげてください」
って思いました。

前回、蒼紫が出演してないという、大きな違いがあるのだから、
蒼紫の絡みがガラリと変わるのは仕方ないし、
その割にはうまくこじつけてきたな〜とか思うし。

本当は京都編少し前から斎藤一が絡んでくるので、
今回初登場!左之助とガチンコして、
剣心と戦って人斬りに戻しそうになって・・・
と、いう展開がないのは仕方なく。
それに伴って、左之助が事あるごとに斎藤に突っかかってくる展開がない、
っていうのは残念ですが、

その辺すぅっと蒼紫に入れ替わっていたり、
恵から体の心配されるあたり、
前回、左之助と恵の絡みがほとんどなかった割には、
距離縮まってる感が見てとれて、
「おっ!?」とか思ったんですが。

「なんで置いてった!」と、ブチ切れて追いかけて、
道迷ったシーンとか、
十本刀の刀狩りの張がつかまった後に、
トリ頭とホウキ頭で言い合うとか、
斎藤にずっとアホウ呼ばわりされるとか、
もう1シーンあってもいいのにという、左之助のシーンがなくて、

ひじょ〜〜〜〜〜〜に、残念でした。

うん。残念。


でもって。
予告映像、前後編めっちゃ混ざってるんですね。

っていうのが「やっぱな」っていう感想。

4人で志々雄と戦ってるのって、やっぱ後編だね。
志々雄、剣心に噛みついてるのとか。
宗次郎がちょっとキレて、剣心と戦ってるのとか。
後編の映像ですね。

ふふふ。


今回では、まだ蒼紫、剣心と出会ってさえいませんから。
ちょっとおもしろいくらいに。

ただ、蒼紫と翁の戦いは、ほんと迫力あった!
だって、翁のビジュアルが、原作に近くて感動です。
蒼紫も負けていないので、あの二人の戦いは、
いい具合に加味されて実写化成功だと思います。

青空一家のエピソードは、結構ちゃんと書かれてたし。

張との戦いは、あの人の特殊な剣を表現しようとしたら、
CGでしかできないだろうから、
変に安っぽいCGがない上のちょっと特殊な剣の戦い方として、
迫力あって、良かったと思います。

この辺も原作ファンを裏切ってないな。

だからこそ、もうちょっと左之助の出番増やして〜って感じですけど。

今回は割と弥彦が良い時に、薫に喝入れてたし。
姉弟っぽいな〜っていう雰囲気も出てたし。

なんか、ラストに師匠と噂されてる人も登場してたし(笑)

原作ポイントは色々、抑えてあるので、
原作ファンは、よだれモノな場面は多いはずです。


相変わらず、お笑いシーン的なのが少ない上に、
剣心が結構にらみ顔で佇んでることが多いので、
剣心の「おろ」が多発する、操との出会いの場面は、かなりホッとします。

そして、原作の明るい雰囲気も出てるし、なおかつ、剣心の動きがすごい。

操を演じる女優さんも、かなりアクションが良い感じで。
京都の戦いで両足開いて敵を2人に蹴りを入れるとこなんて、
無理なジャンプっぽくなくて、かっこいいです。

るろ剣の映画は、ワイヤーアクションっぽいアクションが少なくて好きなんですが、
剣心の宗次郎の初戦。(逆刃刀を折る所)
ちょっと吊られてる感が見てとれて、残念でした。

その月影村。
ちゃんと栄次君も出てきたしね。
ここで斎藤出てくるか、ドキドキしてたんですけど。
栄次君の死んだお兄ちゃんが、自分の事「警察からの〜」って言ったので、
ああ、説明する人要らなくなったから斎藤さん出ないな、と感じ取り、
ってことは、栄次の世話を請け負う展開はないんだな〜残念でしたが、
仕方ないですね。
あそこで斎藤さん出ちゃったら、
剣心VS宗次郎の後に、
そのまま斎藤VS宗次郎が始まってしまうかも。
まあ、剣心の戦いを説明する展開はこの映画には似合わないですし、
宗次郎の強さの説明は、代わりに志々雄がしてくれました。

虎徹がボロボロに〜あんた何にも知らないのね、
っていう件はあったんですけどね。

だからこそ、左之助の「京都はどっちだ〜!」
が、あってほしかった・・・(まだ言う)

でも、まあ、左之助の二重の極みの展開が全くないので、
後編出てくるかもしれないし(淡い期待)
(出てきたらここで、喜びの感想を!)

ラストの展開は、全くのオリジナルで。
雰囲気的には、「人誅編」混ざるんかな〜って感じですね。

大切な人を守れなかった〜(この場合は、海に落とされた薫ですけど。)
と凹んだ剣心を、立ち上がらせるのは、福山さん!
(多分比古清十郎w)じゃね?みたいな。

ただ、普通、船からあの状態で落とされたら、死ぬよね。(笑)
波打ち際に、打ち上げられるって結構ダメージ大きいよね。
(ほぼ死んでるだろうし、どんな遠くから流れてきたんだよ!剣心!)

あれで生きているのが、ドラマです。
いい子はマネしないように。(笑)

うんうん。


蒼紫と剣心の戦いも楽しみだし。
さて、宇水と斎藤の戦いがあるのか気になるし。
十本刀がみんないるそうなので、
もしや薫とか弥彦の戦いもきっちりあるのか?とか、
期待する点、不安な点、は多いです。

何と言っても・・・

映画終わった後に、伝説の最後編の映像ちらりとも流れませんでしたから(笑)
多分、エンドロール中に立ち上がる人少なかったけど、
そのうちほとんどの人は、何らかの映像があると期待していたと思う。

だから、今ある情報は公式サイトの予告映像にある、
前後編ミックスの、わずかなもののみ!

さてどうなるのかな〜
楽しみです!

左之助の出番増えててくれ!

映画  c.0  t.0

スポンサーサイト

-  c.0  t.0

コメント
コメントする